結婚式場の見積りを確認する際のポイント

結婚式場の見積りを確認する際のポイント

結婚することが決定したら、すぐに始めたいのが結婚式場選びです。
繁忙期も有りますので出来るだけ早く予約を入れたいところですし、そこから全ての準備がスタートすることになるので結婚式場選びは重要です。
予算の立て方というのも難しいかもしれませんので、最初に見学をしたところで料金の相談が出来るところでは予算の立て方から相談をすると分かりやすいです。
一つの結婚式場で決定される方はほとんどいないですし、大体はいくつかの施設を見学したりブライダルフェアへの参加をして決めることになります。
見積りも出してもらうことになりますが、その際重要なポイントは条件を出来るだけ統一して出してもらう事です。
例えば招待人数であったり、装飾はオプション無しにするとか、ドレスもプラン内でレンタル出来るところなど、条件を揃えて比較をしてみると分かりやすいです。
安ければ良いというわけではありませんが、予算に合っているかチェックしたいのであれば見積もりは必須です。

結婚式場の基本料金は式場ごとに異なっている

結婚式場で挙式・披露宴を行う場合、基本的な料金を知っているか、いないかで料金を節約できるかどうかが決まります。
式場ごとに料金設定は異なりますが、平均的な相場を理解しておくことで割引率などを理解することも可能です。
すべての式場の形式により異なりますが、結婚式場という大きな枠で平均的な相場を出そうとした場合、240万円から260万円の間となっています。
料金設定は式場ごとにある程度の枠があり、さらに式場内のゲストハウスや式場でもホテル内の式場など、式場ごとに違いがあるため、事前に確認してから利用することが必要です。
特にゲストハウスの場合は同じ式場内であったとしても割高となっています。
300万円を超えることが当然のように存在しているため、確認することが必要です。
中には基本料金は非常に安く、オプションをつけていくことで相場と同様のサービスと料金となっているところもあるため、事前に料金設定をよく確認してください。

著者:島崎勝栄

筆者プロフィール

香川県高松市生まれ。
コロナで延期していが、今年長年付き合った彼女と念願の挙式。
自分の経験から結婚式場を効果的に活用するポイントを記事にまとめました。