結婚式場ごとに異なる挙式スタイルの自由度

結婚式場ごとに異なる挙式スタイルの自由度

ざっくりわけると結婚式場のタイプは4種類、ホテルに専門式場やレストランにゲストハウスです。
いずれも素敵な雰囲気での挙式ができますが、スタイルはそれぞれ異なります。
自由度が最も高い結婚式場を選ぶなら、ゲストハウスなどはまさにぴったりです。
理由は見た目もオシャレな一軒家を当日貸切で使うことができるから、一部ではなくその日は丸ごと使うことができます。
プール付きや緑豊かなガーデンの一軒家も少なくはなく、開放感あふれる結婚式になるのは、敷地全体を思い切り使用できるためです。
挙式から披露宴パーティーまで、ほとんど自由に決められるので、理想のウエディングを叶えることができます。
カジュアルな雰囲気でパーティーを楽しめる、レストランウェディングも割とフリーなタイプです。
広すぎない会場内は新郎新婦とゲストの距離は近いですから、雰囲気は大変暖かく心地よさがあります。
ホテルや専門会場は至れり尽くせりの環境であり、自由にできるかは相談次第です。

結婚式場でどこまで自分たちの要望を伝えることが可能?

一生に一度の結婚式ですからぜひ新郎新婦に加えて、出席してくださっている方たちにとって心に残る思い出の結婚式としたいものです。
結婚式を成功させるために大切なことは、信頼できる結婚式場を選ぶということです。
結婚式場の雰囲気が良いことに加えてスタッフの対応が素晴らしく、常に新郎新婦の立場に立って親身にサポートしてくれるようなところを選ぶとよいでしょう。
では、結婚式場ではどこまで自分たちの要望を伝えることは可能なのでしょうか?結論から申し上げますと、主役は新郎新婦ですので、常識の範囲内であればかなりのことは許されるということです。
例えば、式のスタイル・料理や引き出物などの種類・楽器演奏の有無・サプライズ計画・など細かな点まで要望を耐えることは可能です。
しかし、その際には十分前もって結婚式場のスタッフに伝えておくことは大切です。
自分たちが主役だからといって非常識なほどわがままを言うべきではありません。

著者:島崎勝栄

筆者プロフィール

香川県高松市生まれ。
コロナで延期していが、今年長年付き合った彼女と念願の挙式。
自分の経験から結婚式場を効果的に活用するポイントを記事にまとめました。